名古屋、名東区ピアノ販売:ピアノ調律の「ピアノクリニック/showroomピアノ工房」へようこそ!

〒465-0061   愛知県名古屋市名東区高針3-404 ファミール高針1F TEL:052-703-0537 フリーダイヤル:0120-841-332  営業時間:AM10:00~PM7:00 水曜定休

  • home
  • maintenance
  • advice
  • news
  • お問い合わせ

何十年も付き合っていく音を選ぶ。

sales
image01
ピアノの販売

ご希望のピアノは?

ピアノの色やデザイン等、ご希望のピアノが御座いましたら是非、御相談下さい。

展示商品以外にも在庫を持っておりますのでご紹介出来るピアノが

あるかも知れません。お気軽に御相談下さい。

また、お手持ちのピアノ修理も承っております。

そちらもお気軽にご相談ください。


※下記商品一覧は参考価格です

☆商品価格は税抜(税別)表示です

ヤマハ U1タイプ

ヤマハ U1タイプ

¥236,000より


スタンダードモデル
ヤマハ U3タイプ

ヤマハ U3タイプ

¥285,000より


ヤマハ YUA

ヤマハ UX高級モデル

¥427,000より


ヤマハ U1G

ヤマハ サイレントピアノ

¥350,000より


ヤマハ U3

ヤマハ 木目ピアノ

¥285,000より


タイプ色々あります


ヤマハ W106

ヤマハ W106

¥475,000より


人気機種!


ヤマハ W102B

ヤマハ W102B

¥427,000より


カワイ

カワイお値打ちピアノ

¥170,000より


台数に限りがあります


カワイ

カワイ高級モデル

¥265,000より


カワイ

カワイ高級木目ピアノ

¥312,000より


カワイ

カワイ KL62KF

¥445,000より


人気デザイン


ヤマハ

ヤマハグランドピアノ

¥600,000より


サイズ・年式により価格が変わります


★ グランドピアノ ★
  ご予約承ります



ご要望に応じ随時
ご用意致します


◆全ての商品に
豪華付属品6点セットを
お付けします。

◆納品料は別途頂きます。
(条件により費用が異なります)

◆納品後、調律1回サービス

◆全商品に
10年保証をお付けします。

◆上記掲載商品は
常時変動しております。
ご確認ください。

advice
ピアノ選びのアドバイス

一般的によくあるご質問を、方式で掲載致します。

下記の情報をご覧になっても、疑問が解決しない場合は、是非お気軽にお問い合わせ下さい。

トップページのメールからお便り頂くか、問い合わせの入力フォームから、お問い合わせ下さい。

良いピアノとは?

漠然としていて説明が難しいのですが、ご家庭に置かれてこれから何十年も付き合っていく楽器ですから、

後悔しないものを買って頂きたいですね!

音色やタッチ等は、各々の好みによって良し悪しが変わりますので、これが良い!これは悪い!決めるのは非常に難しいです。

お好みを教えて頂き、アドバイスさせて頂きます。

これから何十年も付き合っていける、丈夫で長持ち、安心して使えるピアノを選んで頂けると良いと思います。

その点で非常に優れているのは、ヤマハ・カワイ製のピアノです。日本の気候(四季があり、多湿時期もある)にも良く順応します。

中古ピアノを選ばれる場合は、どの程度まで調整/整備をしてあるか、それによって価値は大きく変わります。

購入時気をつけることは?

新品のピアノであれば、あまりにも低価格が付いた商品は避けましょう。

あくまでも基準ですが、アップライトピアノは¥400,000以下、 グランドピアノは¥900,000以下のもの。

聞いた事が無いようなメーカーのピアノを勧められたら、きちんと原産国とメーカーの名前を聞き、色んな人にアドバイスを求めましょう。

中古ピアノであれば、整備の状態をしっかりと聞くようにしてください。中古ピアノは、技術的な説明が出来るお店で買いましょう。

後々のメンテナンスがしっかりしているかも、大事なポイントです。

部品にプラスティックや金属を使っているピアノは音が良くない・長持ちしないと聞きました。

いいえ。そんな事はありません。 現代のピアノ造りには、プラスティックや金属は不可欠です。

『プラスティック=安っぽい』というイメージから、音が良くない等と連想するのは、全くの間違いです。

かつてピアノは、精密なアクション部分にも軽く加工がしやすい事から木材を使っていました。

しかし、木材の材質を選りすぐり高度な技術で加工しないと、湿度による寸法・重量の変化が大きく、年数と共におこる反り・割れ・狂い等、強度も十分ではありませんでした。

ピアノは、0.1mm単位の精密さで調整された内部部品の動きを利用して音を出す楽器ですから、温度や湿度の変化により影響を受け長年経つと必ず調整に微妙なズレが発生します。

プラスティックと聞いて、何を思い浮かべますか?

洗濯ピンやお庭のプランター(植木鉢)等を連想される方が多いのですが、ピアノに使われるプラスティックはそれらとは材質が違います。

ピアノ内部に使用されるプラスティックは「エンジニアリングプラスティック」と呼ばれる、軽量で大変強い素材です。

メーカーによってはガラス繊維・カーボン等の強化剤入りプラスティック等も使用されています。

また、外装には傷がつきにくいという事から塗料として使用されます。

このような高級プラスティックの活用で、ピアノは一段と精度と強度が高まり、性能も安定する様になりました。

金属部品も同じで、ペダルや蝶番・内部部品のスプリング等に使用されています。

最も重要な骨格は、鋳鉄(チュウテツ)=金属でなければいけません。ピアノの弦の大変高い張力に耐えられる金属でなくてはならないのです。

また、アクションについて、部品を支える要のセンターレールはアルミニウム製のものが非常に優れています。

木製の反り・狂いという欠点を補える上ネジの緩みも少なく、年数と共におこる部品や寸法の狂いも少ないのです。

金属を使っているピアノは、音がキンキンして良くないと言われる方がいらっしゃいますが、根拠のないイメージです。

楽器選びは、イメージを先行させない事が重要です。

ピアノの寿命は?

まず初めに、しっかりした造りのピアノが前提になりますが、大切に使い消耗部品を交換したり、

しっかりメンテナンスを行えば半永久的に使えます。

近年は、親子2代に渡り同じピアノを使うご家庭が増えてきました。

ピアノの寿命から考えればごく自然な事なのですが、新品を売りたい営業マン等が、買換えを勧める為に「ピアノの寿命は20~30年だ」と言う事があるそうです。 嘆かわしい事です。

中古ピアノはどんな状態のピアノを直して販売しているか分からないから不安。

当社が扱う中古ピアノは、全て出処がはっきりしたピアノです。

自社販売ピアノの約90%は一般家庭から自社が直接買取・再生しています。

買取の際に必ずピアノ本体を見せて頂いて、状態を把握してから買取させて頂いています。

その段階で、商品化できないピアノは買取をお断りさせて頂きます。

水害・火災等に遭ったピアノは、廃棄処分となってしまいますので当社のショールームに並ぶ事はありません。

自社販売で、残りの約10%は信頼出来る買取専門業者から、状態の良い物を当社が買取、再生し販売しています。

種やピアノの値段の違いは?

機種の名前は、作られた年代によって変わります。

値段の違いは 新品なら材質や大きさの違い、黒か木目かストレートの足かネコ足か等、デザインでも値段が変わってきます。

中古ピアノは、スタンダードな商品なのか高級品かに加えて、市場での人気によっても価格は変わります。

高級品だけれど、デザインに人気がなければお値打ちになるケースもあります。

逆に、楽器としてスタンダードであっても、デザインに優れ人気があるピアノは、高価な価格がつきます。

一番重視したいのは何かを、はっきりと決めて楽器選びをされると、欲しいピアノに早く出会うことが出来るでしょう。

背の低いピアノより高いピアノの方が良いピアノ?

アップライトピアノの場合、ピアノ弦は上下に張ってありますから、背の高い物の方が弦を長く張ることが出来ます。

また、音を響かせる響鳴板(きょうめいばん)の大きさも背の高いピアノの方が大きいので、より深みのある迫力のある音を楽しめます。

但し、背の低いタイプでも高さ121cmモデルより上のものを選ばれれば 間違いないと思います。

音の深みやタッチにこだわりのある方は131cmモデルを選んで下さい。

中古のピアノはすぐ故障しますか?

整備をどこまでやってあるかによって、中古ピアノの価値は大きく変わります。

整備・調整をほとんどしていないままのピアノはすぐに故障してしまうでしょう。

きちんと整備・調整してあるピアノなら、そのような心配はないでしょう。

特に注意して頂きたいのは、外観だけきれいにして内部は何の調整もされていない中古ピアノです。

ただ、内部がどの程度調整されているかは、ピアノの構造について専門に勉強をしていないと見分けるのは困難です。

基準として、整備についての証明書を付けてくれる所やピアノの修理や調整技術について、

きちんと説明できるスタッフが居るお店を選ぶと良いでしょう。

とりあえずデジタルピアノで練習しようかな?

大人の方の趣味であれば、最近のデジタルピアノは機能も充実していますので色々と楽しんで頂けます。

問題なのは、小さなお子様の練習用に使おうかと考えていらっしゃるパターンです。

デジタルピアノ=ピアノの代用品と考えていらっしゃるなら是非、考え直してください。

レッスンを始めたばかりのお子様は、これからタッチや音色、演奏表現を覚えて行かれる、あらゆる可能性を秘めた最も重要な時期です。

初めから本物のピアノで練習された方が、上達も早く表現力も豊かになります。

お手軽に始めたいから・・・という理由でデジタルにしようと思われている方は、是非ピアノを御検討下さい。

グランドピアノへの買換え時期は?

買換えのタイミングを決めるのは難しい問題ですが、レッスンをされていて演奏の表現力を求められる曲や、曲想を考えた勉強の段階になったらお考え下さい。

早い方で、ソナチネあたりにさしかかると、グランドピアノに買い換えられます。

コンクール等に出られる場合は、当然ながらグランドピアノでの練習が大変有利です。

もちろん、音量や大きさ等あらゆる問題がクリアできて将来性を重視されるのであれば、初めからグランドピアノで練習できれば更によいでしょう。

グランドピアノを選ぶ基準は?

グランドピアノは奥行(長さ)で選んで下さい。折角グランドピアノを選ばれるなら、奥行170cm以上のものをお勧めします。

小さいサイズ(170cm以下)は、音の深みやタッチ等迫力不足な面が出てまいります。

スペースはどれくらいとれるのか、置かれる部屋の大きさによって ピアノのサイズを選んで下さい。

一般的な家庭で一番普及しているのは、奥行186cmのタイプです。

もう少し高級なアップライトピアノに替えようかと思います。

高価なアップライトピアノに替えても演奏能力がアップする効果はあまり期待できません。

アップライト同士では基本的に構造が変わりませんので、あまりお勧め出来ません。

置き場所の確保やご近所への音漏れの配慮等クリアしないといけない問題が出て来ますので、出来ればグランドピアノをお考え下さい。

奥行170cm~186cmのタイプでしたら、2畳分のスペースが確保出来れば設置できます。

pagetop

ピアノクリニック/showroomピアノ工房

〒465-0061

愛知県名古屋市名東区高針3-404 ファミール高針1F

フリーダイヤル:0120-841-332

COPYRIGHT (C) ピアノクリニック ALL RIGHTS RESERVED.